F1とお金の話題|生で観戦するならやっぱりモナコ!歓声が沸き上がるF1グランプリ
ロゴ

最新最高のマシンレースには当然お金がかかる!

F1とお金の話題

車

F1の上位チームが年間に使う金額

F1で上位のチームが年間で使うお金はいくらくらいか知っていますか?おおよその数字ですが日本円で600億円以上かかっているそうです。2台のマシンを1年間走らせるのに600億円!(マシンだけではなくトータルです。)もちろん他のチームではもっと少ないところもありますが、何百億というお金が必要なのです。そのため下位チームは資金調達に必死なっています。資金が無くて撤退せざるを得ないチームもいくつもありました。

F1レーサーになるには

チームの運営とグランプリ参戦のために多額の資金が必要だといいましたが、その影響はレーサーにまで及んでいます。F1には各チームにマシンが2台、そのマシンに乗るための2人のドライバーの他に、サードドライバーやテストドライバーがいます。怪我や成績不振で交代することもありますが、チーム最優先のドライバーが、ちょくちょく変わるということはあまりありません。それでは、新しいドライバーがF1の既存チームに入るにはどうしたらいいのかみてみましょう。ドライバーが下位リーグなどで成績を残してFIAに認められてスーパーライセンスを取得することも必須ですが、実は多額の持参金も必要なのです。チームとドライバーが契約を結ぶ際に、ドライバー側が何十億か請求されるのです。もちろんドライバーが何十億もの大金を払うことは難しいので、そのドライバーに個人のスポンサーが付きます。スポンサーがチームと交渉するのです。例外として、上位の資金が豊富にあるチームは、有望株を小さい頃から育て、そのままチームの所属ドライバーにするということもあります。しかし、F1実力を買われて引き抜きという文化があまりないので、F1に参戦したい選手は相当な苦労をすることになります。腕があってもうまくスポンサーに巡り会えず、F1に出場できない選手がたくさんいるのです。ただ、チーム側も毎年F1グランプリに参戦するには多額の資金が必要なため、綺麗ごとばかり言ってもいられないという現状もあります。

マシンの値段

ではここでお待ちかねマシン1台の値段を紹介します。20年ほど前は1台1億円前後といわれていたF1マシンですが、試算されたデータによると現在のマシンは1台9億円前後するそうです。F1の車自体は売り物ではないので、開発費やパーツの製造費などを含んだコストになりますが、それでも相当な金額ですね。世界の最新技術を搭載しなければならないので、このくらいの金額が必要となります。

ぶつかったらさあ大変

これだけマシンが高かったらドライバーもミスをできないですね。しかし、テスト走行などでマシンをぶつけてしまうということもあるはず。ぶつかりの程度にもよりますが、F1マシンのボディは空気抵抗を計算して精密につくられているためとても高価です。ちょっとぶつかっただけでなんと3000万円くらいの修理費がかかります。ぶつかり修理で高級車が何台も買えますね。さすが世界最高のマシンです。

世界最高峰ということで

この記事ではF1にかかるお金についてご紹介しました。しかし、最新技術と資金を駆使し、最高のドライバーが世界最速を目指すという、そのすべてをひっくるめたものがF1の魅力でもあるのです。特にモナコグランプリは注目度も高く、お金の流れも多くなるので、その辺を詳しく調べてみても面白いかもしれません。

広告募集中